葬儀の地域性と非常識

日差しが強くなり、外にでるのも億劫な季節がやって来ました。
皆さん熱中症の対策はどうしていますか?
自分は特にやっていません、なにかオススメの対策方法があれば教えて下さい。
あまりの暑さのせいで少し前にお葬式のために行った、東北地方の涼しさが恋しい今日このごろです。
この葬儀ですが、亡くなられたのは遠い親戚の旦那さんでした。
葬儀の最中に少し驚いたことがあったので書いていこうかと思います。
自分が葬儀に参列している時に旦那さん側の親戚の方だと思うのですが、皆さんカメラを持ってパシャ、パシャと写真をとっていたのです。
それこそ余すところ無く全ての物の写真をです。喪主の奥さんはポカーンと口を開けてわけがわからないといった顔をしていました。旦那さんに先立たれて傷ついた奥さんの心の傷に塩を塗る行為に、周りの参列者もドン引きです。
そんな参列者の目線も気にせずただひたすら写真をとっていました。
その時はなぜそんなことをしているのかわかりませんでしたが、その後の調べで葬儀の最中に写真を撮る習慣がある地域も存在するようだということを知りました。
とはいえ喪主である奥さんが心よく思っていない行為を平気で行うのはいかがなものかと思いました。
そんな非常識な人たちを垣間見た葬儀でした。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>